2005年03月18日

玄関あけたら12時間でシェルター

水をかけたらシェルター完成
ウィリアム・クロフォード氏とピーター・ブルーイン氏が考案した、画期的シェルターその名も『コンクリート・キャンバス』!!
これはセメントを染み込ませた布袋で、水を加えて空気で膨らませるだけで、建物へと姿を変える。12時間後にはセメントが乾き、かまぼこ型のプレハブ建築形の避難施設が完成する。
だそうです。
スゴイですね。戦地にはもちろん、地震のときの仮設住宅までの繋ぎには、テントよりはかなりしっかりしたものが出来そう。16uだと4.5人は入れるかな。大体一家族分
一家に一個どうでしょうか?一個22万円程度だそうです。

こんなに画期的なのにセメント協会のコンペで2位…
一位はもっと画期的だったのか、よほどすごいものだったのでしょうか?
そっちも気になる…


posted by Zom at 01:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2469878

この記事へのトラックバック


Excerpt: セメントセメント (Cement) とは、石灰石(炭酸カルシウム)、粘土などを混ぜて燃やした粉状のもの。水と反応(水和)すると固化する。コンクリート、モルタルの原料となる。.wikilis{font-..
Weblog: 建築って何?
Tracked: 2007-10-18 05:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。